包茎はまず自分の度合いを知りましょう

包茎はまず自分の度合いを知りましょう

包茎だと銭湯などで人目が気になったりして自分に自信が持てなくなるというお悩みをもつ人も多いと思います。
実は現在日本人の3人に2人は包茎です。 

性感染症になりやすくなったり、早漏になりやすくなったりと様々な悪影響をもたらします。包茎には種類があり、種類によって度合いも違います。 

大きくわけて「仮性」「真性」「カントン」包茎に分けられます。日本人に一番多いのが仮性です。
包皮が多く余っている状態で包皮を剥こうとすれば剥けるし、勃起時には剥けることも多いです。
日本人の包茎のなかで一番多いのがこの仮性です。

日本人はペニスのサイズが小さいため仮性になりやすいです。仮性は比較的悪影響は低いです。 
もっとも深刻なのは真性です。 真性は仮性と違い包皮を剥こうとしても剥けません。亀頭と包皮がくっついているために、剥こうとすると痛みが生じます。自分では治すことなかなかできないので、クリニックなどの専門医に診てもらうことを勧めます。 

カントンは、仮性と真性の中間のものです。 カントンは包皮が亀頭にくっついてるのでなく包皮の先端の出口が狭いために起こるものです。 

こちらも無理に包皮を剥こうとすると痛みを生じることがあるので、自分で治すことは難しいのでクリニックなどの専門医などで診てもらうことを勧めます。
自分の症状を知り対処するようにしてください。

包茎手術郡山のTOPへ

 

サイトマップ

アンチエイジングに効果的なコスメ